スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある昼食時の徒然呟き

こんばんは。月です

弓道班より引退した私。

昼食時は、いつも班室を使っていましたが~

現在は――
私「ここは微分するとこれだから…極値は――」

ツキえもん「ひーまーだー」

私「だからグラフはこうなって――」

ツキえもん「おいの◯太、野球しようぜ」

私「漸近線は、y=0とy=xだな…」

ツキえもん「おいイソ◯、野球しようぜ」

私「…これで一応問題は終わったかな。次は物理だな――」

ツキえもん「………」

私「――ん。問題集おいてきちゃった…仕方ない、他の教科やるか~」


左手におにぎりを持ち、もっしゅもっしゅと頬張りながら問題集を開く私。

テスト一週間前を切った本日。現在時刻は昼休み。

全教科対策を練る必要がありますが――とりあえず現在は、数学を解いていました。

試験範囲も、課題の提出範囲も異常に広いですから、流石に解いておかないとっ

私以外誰もいないこの静かな空間。集中して勉強するにはもってこい――


ツキえもん「せめてツッコんでくれよぉぉぉ!!」

私「うわ、びっくりした…。いつからいたの?」

ツキえもん「初めからいたよ!」

私「そいつぁ…すまなかったね…」

ツキえもん「顔を背けながら言うんじゃねぇよ」

私「で、いきなりどうしたのさ」

ツキえもん「昼食時なのに勉強とは良い御身分だね」

私「…あれ、俺何か悪いことした?」

ツキえもん「…ガン無視。てめぇぇ僕の心は発泡スチロールよりも脆いぞ…!」

私「…ほんとにすまん。全く気付かなんだ」

ツキえもん「しゃーねぇなー。…マスター、バーボン1つで許したげる」

私「今ウーロン茶しか持ってないけどいい? 色似てるし」

ツキえもん「おぅ、いいぜ」

私「いいの!?」


弁当袋から水筒を取り出し、ツキえもんに渡す私。

落ち着いたかな。落ち着いたよね。これでしばらくは静かになるでしょう…多分。

さて、勉強を再開しy――


ツキえもん「そういえばの◯太君」

私「俺はのび◯君じゃないけど何だいツキえもん」

ツキえもん「あそこの掲示板にさ、『飲食厳禁』ってでかでかと紙に書かれて貼られてるんだけど…」

私「あぁそうだね。ここは確かに『飲食厳禁』だよ」

ツキえもん「おいこら左手のおにぎりは何だ」


現在私のいる部屋は、「学習室」と呼ばれる所。

エアコン完備、スクリーンも置かれ、普段はその広い教室を利用して、社会科の授業が執り行われる場所です。

普通授業以外でここに来る人はいないですし、そもそもデカく『飲食厳禁』の文字が書かれていれば、昼食時に来る物好きな方はまずいないでしょう。


私「大丈夫だよツキえもん」もっしゅもっしゅ

ツキえもん「頬張りながら言うなよ」

私「『昼食のとき、弁当食べながらここで勉強してもいいですか』って頼み込んで、ちゃんと了承を得たから」

ツキえもん「…成程、土下座外交か…」

私「ちゃうねん」


私の行っている行為は傍から見れば、確かによろしくない行為に見えますが――

昼食時にこの教室を使い、おにぎりを頬張りながら勉強していた先輩が過去にいらっしゃったという御話を御聞きし、その話に便乗する形で許可を得に行った私。

対するお言葉は、「普段は飲食ダメだけど、ちゃんと申し出た人には毎年使わせてるからいいよ」とのこと。

御話を御聞きする限り、毎年何名かはこうして昼食時も、自習室を活用しているんですね。

…過去の先輩を見習い、私も頑張るのみです。


私「…あ。そういえば、英検が近いんだよなぁ…」

ツキえもん「君の英語センスは救えないからね(藁)」

私「その嘲笑を込めたドヤ顔は止めてもらおうか」

ツキえもん「ドヤァァ」

私「…ともかく、英検対策云々以前に。まず英語の耐性を取り除くために、そして英語に慣れるために――」

ツキえもん「ドヤる?」

私「ちゃうねん。で、話を戻すと、英語に慣れるために、リスニングCDを聴くことにしたんだよ」

ツキえもん「…なんでリスニングなの?」

私「五感に訴える勉強が、一番効率がよさそうだなぁと思ったの」

ツキえもん「五感というと、味覚聴覚触覚視覚嗅覚・・・味覚と嗅覚って」

私「確かに英語で味覚と嗅覚は使わないけど…他の三つは使うじゃん。普通は視覚と触覚だけど、そこにもう一つ聴覚が入ってくるお得感」

ツキえもん「まぁそうだな。英語でprprもクンカクンカもできないもんな」

私「お巡りさんこちらです」


とりあえず英語の耐性を軽減するために、リスニングCDを拝聴することにした私。

習うより慣れろ、の精神ですね。

聞きなれていないからこそ、ますます「英語嫌いー」ってなってる気がしますし。

…効果的かどうかは知りませんがね。


私「というわけで、リスニングCDを聴きたいんだけど…」

ツキえもん「先立つものが無い、という感じかな♪」


ツキえもんの全身から溢れるしたり感はさておき・・・弱りましたね。

今の時期になって学校にPSPを持っていくのも気が引けますし、学習室でPSPをいじるわけにもいきません。

ツキえもん初登場の回のときは~コートという超便利アイテムがあったので何とかなったのですが・・・もう春を過ぎましたし…。


私「ぐぬぬ…」

ツキえもん「先立つものが無い、という感じかな♪」

私「なぜ二回言ったし」

ツキえもん「大事なことなので二回言いました(キリッ」

私「PSPは持ってこれないし…何か良いのある?」

ツキえもん「ふっふっふ…この僕を侮らないことだ…!」


てってけて~て~て~ ←鞄をゴソる


ツキえもん「iPod~」

私「…!?」

ツキえもん「Here you are.」

私「Thank you.What on earth is the matter?」

ツキえもん「日本語でおk」

私「これどうしたの…?」

ツキえもん「――・・・まぁまぁそんなことは置いといて」

私「なにその間。怖いよ!」

ツキえもん「ちゃんとリスニングCDも入れといてあげたから~」

私「え、そうなの…?」

ツキえもん「べ、別にあんたの為に入れてあげたんじゃないんだからね///」

私「綺麗なツンデレ乙です」


さて…まさかのiPodを回収することに成功したということで。

ちゃんとリスニングCDも入れてあるみたいですし~

――早速久々に起動してみましょう♪


私「(ぽちっ)」←ボタン押す音

ツキえもん「ほれ、イヤホン」

私「」

ツキえもん「どした~? イヤホン使えよ~聴けないだろ~」

私「(ふるふる)」←首を振る音

ツキえもん「使わんの? 電池なかった?」

私「いや・・・電池はある…みたいなんだけど…」

ツキえもん「どれ、見してみぃ」

私「(すっ)」←渡す音

ツキえもん「ギャァァ」


これは…っ!? 何が起こったの…!?

私のiPodが…!


私「…画面が見事な白と黒と赤のコントラスト、所々にちりばめられる緑色が綺麗ナリ・・・」

ツキえもん「パンクな感じに仕上がっていますな」

私「おかしい…俺のiPodはこんなに次世代的な見た目ではなかったと思うんだが」

ツキえもん「そうだね」

私「(ふるふる)」←首を振る音

ツキえもん「あ、電源落とした」


いやいやまさかまさか。

私のiPodは派手な白と黒と赤のコントラストを発するほどパンクではなかったはず。

きっと私の見間違いでしょう。

そうに決まって


ツキえもん「ギャァァ」

私「ナイス効果音」

ツキえもん「見間違いじゃなかったねぇ」

私「そうだね…。これは一体どういうことなのかな…?」

ツキえもん「液晶にひびが入ってますな」

私「…? あ、本当だ…。綺麗にピシィっと一本の線が入ってる」

ツキえもん「御愁傷様です」

私「…今回のこれは、"企業"と関わりがあるの?」

ツキえもん「…その名を軽く出すなよ」

私「うぉ、ハードボイルドな顔つきに」

ツキえもん「気を付けろよ…いつ狙われるか…」

私「え、なに、いつも見張られてんの?」

ツキえもん「…ちっ、まぁいい。だが、今回の原因は――それと関係ないな」

私「え、じゃあ…何が原因なの?」

ツキえもん「それは、間違いなく――」


そう言いつつ目線を落とすツキえもん。

その目線の先には――私の鞄?


私「俺の鞄がどうかしたの?」

ツキえもん「…今日もパンパンに詰まってるな」

私「夢が?」

ツキえもん「荷物が」

私「そりゃあ…置き勉はしてないからね。教科書から資料集から全部入ってるし」

ツキえもん「…今日の重さはどの位?」

私「そうだねぇ…今日はいつもより少し多いから――多分15kgくらいじゃない?」

ツキえもん「…どう考えてもこれのせいだろ」


一時期友人に「お前の鞄は、モンハンのハンマーみたいだな…」とのお墨付きを貰うほどの重量。

…成程。そういうことか…

この荷物の重量は、私の自転車のかごを壊すほどの威力がありますし――

iPodがこの荷物たちの下敷きになれば間違いなく――


私「パンクになるのも納得だな」

ツキえもん「おぉ、綺麗な開き直りだな」

私「原因は分かったからね…ポケットに忍ばせておくべきだったと後悔してるよ…」

ツキえもん「それで、どうするよ。これ」

私「そうだね…とりあえず、母に連絡を付けてみるよ…。判断を仰がねば…」


iPodを壊してしまうという大惨事を起こしてしまった私。

とりあえず母に壊してしまった旨を連絡して、判断を仰ぐ必要があります。

…流石に壊したままやり過ごすことはできませんね。


私「(パカッ)」←携帯開く音

ツキえもん「ひーまーだー」

私「あ…」

ツキえもん「ん。どしたー」

私「また電源落ちてる…」

ツキえもん「またかよ…本当に電源落ちやすいな」

私「ツキえもん…電池パック頂戴」

ツキえもん「電池パック代出してくれたらあげるよ」


私の携帯なのですが…電池交換をし忘れた上に、中々乱雑に扱っていたので――

強く画面を閉じたり、ちょっとの落差から誤って落としてしまうと、もれなく電源が落ちてしまう仕様になっています。

普通に使う分には「またかよ…」で済みますが、誰かから電話がかかってきたときにこれが起こると、泣きそうになります。

…どうにかしないとなぁ。


ツキえもん「あ。そうだ」

私「何? ツキえもん」

ツキえもん「その二つの問題、同時に解決する方法があるよ! の◯太君!」

私「俺はのび◯君じゃないけど…いったいどんな方法?」

ツキえもん「それはね――」


――――――

というわけで・・・


iPhone に機種変更しました♪


これって本当に便利ですね。

ネットも使えてメールも電話もできて…ちゃんとiPodのように楽曲も入れられますし。

何より、多種多様なアプリの数々。

方向音痴な私も、迷うことなく目的地に辿り着けそうで良かったですw

「これがあればいいなぁ」とか「こういうのができれば便利なのになぁ」ということができてしまう、まさにドラ◯もんのポケットみたいな感じですね。

ビバ! 情報社会!


また、それに伴い「ツイッター」も始めました。

まだまだ使い始めたばかりで機能も全然理解していませんが…

時々息抜きに呟いていますw

フォローなど、どんどんして下さると嬉しいです♪


本当に便利で面白いのですが…

のめり込まないように注意して、有効活用して――頑張らないとっ!

今日はこれで失礼します。お疲れ様でした
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

- from

管理人の承認後に表示されます
  • 2012/06/03 03:19

Trackback URL

http://moondiary0708.blog.fc2.com/tb.php/181-fdca571b

Comment

lausbelg

こんにちは!
私もiPhoneにしました(^^)/
ツイッターもしてるので、フォローさせてもらいました!
受験勉強がんばってくださいっm(__)m
  • URL
  • 2012/06/03 16:11

桜雲満月

フォローありがとうございますっ!
こちらからもフォロー致しました。
つれづれ呟いていくので、よろしくですっ♪

応援ありがとうございます…!
全力で頑張りますっ!
  • URL
  • 2012/06/03 21:13

ゆかちー


ツキえもんてwwwww


面白いですねーwwww
  • URL
  • 2012/06/18 12:48

桜雲満月

コメントありがとうございますっ♪
わぁい♪ 嬉しい限りですっ
ありがとうございますwww
  • URL
  • 2012/06/29 01:42

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

桜雲満月

Author:桜雲満月
こんにちは。月です。
漸く大学生、弓道人な私のつれづれ日記です。
当ブログはリンクフリーです。
リンクしていただいた場合、コメント等で連絡下さい。心の底から喜びます♪

現在、環境に適応中です。
不定期更新になりますが、ご容赦くださいっ

月の一言

―information―

無事大学に合格できました!
本当に良かったです!
皆様ありがとうございました!

最新トラックバック

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私への連絡に、
お気軽にお使いください♪

Twitter on FC2

検索フォーム

「月のつれづれ日記」バナー

「月のつれづれ日記」バナー
「月のつれづれ日記」のバナーです。
リンクを張るときなどに使用して頂けると嬉しいです♪

FC2ブログランキング

PSP2ブログランキング

PSP2・攻略ブログ

メンバー紹介

MOON
MOON
種族:ヒューマン
性別:男性
リトルウィングの社員宿舎を勝手に改造し、カフェを作り上げた張本人。
真面目だが、どこか抜けている所があると周囲からよく言われる。
「月」を愛する男。
また、ギルド「夢奏旋歌」に所属。

新月
新月
種族:ニューマン
性別:女性
MOON'sカフェメンバー第一号。
頑張り屋だけど、行動が伴わない。
よく転んだり、お皿を割っちゃったり…
天然ドジっ子ってやつみたいです☆
最近「チャレンジミッション」にはまったらしい。

ルナ
ルナ
種族:キャスト
性別:女性
MOON'sカフェメンバー第二号。
ふわふわした容姿だけど、有事の際にはどこからか「ドレットノート」を取り出し襲い掛かってくる。
最近 新月 よりも目立ってきているような気が…
「バトルミッション」に出没することが多い。


インフラで我々を見かけたときは、是非仲良くしてやって下さい♪

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。