スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイプリルフールなギルド集会!

こんばんは。月です

本日は、4/1…エイプリルフールでしたっ。

私の苦手な一日です・・・

というのも、嘘をつくのもつかれるのも、苦手なのです。

まぁ本日は家でゆっくりしていましたから、何の問題もありませんでしたねw


さて本日のギルド集会は、昨日行われたバトル大会の続きとなりますね。

ルナちゃんは無事、予選突破を果たせるでしょうか・・・?
クッキーさん「えと、昨日はハイパーすみません…」
私「いえいえw」
クッキーさん「寝落ちして…」
無音ムイさん「www」

昨日ギルド集会にいらっしゃらなかったのは、寝落ちであったということですね。

良かったです…! 何かあったのではと気がかりでしたので。

夜刀神さん「ちょい銃のメンテするから離席」
クッキーさん「(゜Д ゜)!?」
「ああ、サバゲーかw リアルに想像してしまった(゜Д ゜)」

夜刀神さん「そそ、サバゲ」

ふむ。やはり和やかといいましょうか賑やかといいましょうか、会話を拝見していて楽しいですねw

サバゲーは…リアフレ達が行っているという話を聞く限りです。

私に機動力を求めるのはダメですよw



ナイトメアさん「クーキー殿ー」
「昨日いなかったから言えなかったけど――」

クッキーさん「そうだ! あのさ!」

クッキーさんの御話ですね。フム…なんでしょうか。

クッキーさん「公式サイトに載ってたんだけど」

ナイトメアさん「うぬ」

クッキーさん「PSO2の影響で」

無音ムイさん「ふむ」
私「フム」


クッキーさん「明日にはPSPo2iのインフラが出来なくなるって!!」


私「え」
無音ムイさん「終了フラグ!」

ええええ!?

そんな、いきなりすぎますよ!?

いくら大元のセガさんの行動であるにしても、あまりにも急すぎです!

しかも明日って…もう集会に来れないのですか…!?

そんなのっ! 嫌ですよっ!

クッキーさんは公式サイトと仰っていましたね。

PCを拝借して、すぐに調べてみます!

ナイトメアさん「あぁ、エイプリルww」
無音ムイさん「4/1」
クッキーさん「(゜Д ゜)! バレタァァァァ!!」
「失敗…か」


公式サイトは、PSO2の記事を御纏めになられていました。

そっか…今日は"エイプリルフール"。すっかり忘れていました。

・・・本当に――

――本当に、良かったです。

今日を境に皆さんに逢えなくなってしまうなんて、悲しすぎますから・・・

良かった・・・。

無音ムイさん「まあ4/1ですしww」

ほっと一息です。



ナイトメアさん「さて――」

とここで、ギルメンの方々がいらっしゃいました♪

挨拶を交わし、ロビーに座ります。

ナイトメアさん「――言うたびにカットインがはいるw」

この時"涼宮ハルヒの憂鬱"より、キョンが自分の名前を言えないシーンがよぎったのは…多分私だけでしょう。

ナイトメアさん「えと、ブログ始めたぜ?」
クッキーさん「ブログかな?」

コメントはほぼ同時。フムフム、見透かされていましたねw

ナイトメアさん「ブログ名は」
クッキーさん「フムフム」
ナイトメアさん「冷やしブログ始めました」
クッキーさん「wwwwwwwww」

流石のブログタイトルw 本当、私にはないユーモアのセンス。見習いたいです。


ナイトメアさん「ルナさんみたいな記事を作りたい」

なんと…っ

私「いえいえ…そんな誇れるようなものでは・・・」

長文だらだら&心情に直結したブログですから…本当に誇れるものではありません。

私の心情しか書いてませんから、ユーモアのカケラもないですし。

カナコさん「月さんのブログ見たけど更新が・・・」

う。それは・・・ちょっと訳が…

私「更新は…ごめんなさい(´;ω;`)」

後で纏めますっ。

皆さんから、私のブログの謝辞を頂きました。

凄く嬉しかったです…♪

ずっと「ありがとうございますっ」と言いっぱなしでした。

本当に、泣きそう――

私「(今日エイプリルフールですよね・・・)」

――泣きそうなほど嬉しいのですが…手放しで喜べない何かがあります・・・

とにかく、嘘であっても嬉しかったです♪ ありがとうございましたっ♪


そんなありがたい謝辞を頂いている最中

私「いえ・・・その・・・・・・」

言葉に詰まる私。

あの…私は――

無音ムイさん「携帯からよく書くから長文書けないのよね」
夜刀神さん「自分の写真載ってたらよっしゃ~という感じになる」
カナコさん「ミクさんのブログは興味が湧く感じ?」
クッキーさん「かなり月さんバトル勝ってたな~」
ナイトメアさん「やっぱアメブロとfc2は仕様が違うな・・・」

――賑やかなギルドの風景を眺めて。

私は…

私「(本当に、このギルドに出逢えてよかった)」

改めてそう思いました。

決して零ではない。決して無駄ではない。

…やっぱり、鬱はいけませんね。



クッキーさん「というかレイカ様がこない… お」
ruka03さん「噂をすれば、というやつね」

ミクさんがいらっしゃいましたね。

ふむ…多少遅れていらっしゃいました。一体何があったのでしょう――


ミクさん「すみません・・・彼氏の家に行ってました・・・」


無音ムイさん「彼氏!?」
ナイトメアさん「リア充が!!」
「わわ、わ私は何も言っていないいい」

私「フム・・・!?」
カナコさん「彼氏かぁ」
クッキーさん「事故とか事件に巻き込まれてなくて良かったです!」

三者三様のリアクションです。

まままぁミミクさんは素晴らしい方ですから、彼氏がいらっしゃってもおおかしくはないと思いますががが。

しかし彼の家にこの時間…!?

アイスさん「嘘ですね・・・」

・・・へ? 嘘…?

…あぁ、成程。

私「成程エイプリル・・・」
クッキーさん「なっ…なにぃぃぃ!?」
ナイトメアさん「エイプリル怖いなw」

嘘ですか…!

ん~でも、ミクさんなら彼氏の一人や二人いらっしゃっても(ry

クッキーさん「すっかりだまされた・・・」

信憑性の高い嘘とは恐ろしいものですw

無音ムイさん「おやつさんのは見抜けた不思議」
ナイトメアさん「クッキーさんだからな」

まんまと公式サイトを調べた私がいますw



ミクさん「さて…10人ですね~」

遂に始まりましたバトル大会っ

まずは昨日の結果から報告です♪

私「ムイさんとナイトさんが決勝進出ですっ」

御二人とも連勝に連勝を重ね、決勝に進出なされました。

流石です…!

私も頑張らなくては・・・!


ミクさん「左回りに2・3・4って「3」おやつさんは9!」
クッキーさん「あ、違うか。はい~」
私「7」
ナイトメアさん「10」
アイスさん「2ですね~」
夜刀神さん「3」

順調に割り振られていきます。

――と

ミクさん「でも、勝ち抜けの人は抜きにしますか~」

そんなミクさんからの提案。

私「となると・・・」

私は「6」ですねw

ミクさん「サイコロツールはパソコンでググってくれば出てきます~」

フムフム、そうなのですか――

ミクさん「月さん分かりました?」

――私ですか!? っとそうでしたね。

先週のギルド集会のときに、粗相をしてしまいましたから。

次からはすぐにググりますっ!


ミクさん「6」「4」「5」「2」
無音ムイさん「6452」


――となりますと

私「アイスさん、ruka03さん、カナコさん、私ですね♪

カナコさん「女性同士の戦い」

…おぉ。確かにキャラが女性しかいませんねw

ルナちゃんは女の子です♪ 中の人は関係ありませんっ!

カナコさん「つまり、恋は戦争」

熾烈な争いとなりそうですw

ミクさん「対戦抽選~」

さて、どうなるでしょうか・・・?

ミクさん「"炎のメセタ拾い"!」

無音ムイさん「金を奪い合う女たち…か・・・」

先程の恋もドロドロとしそうですが、なんというかお金は黒いですね・・・w


ミクさん「次~私の部屋です~」

「私の部屋はローラーです~」

ローラーダッシュ、メセタ拾い系ミッションですね♪

ギルドパーティの時は、このミッションでクッキーさんにハチの巣にされた記憶があります。

カナコさん「お菓子をw」
クッキーさん「暴走してるw」
無音ムイさん「クッキーを薄く延ばすローラー・・・か」

皆さんはまだ知らないでしょう。そのお菓子が、ローラーで延ばされるような軟なものではないことを――。

カナコさん「クッキーの奪い合い」

こちらの部屋は"お金の奪い合い"ですから、凄く健全に見えてしまう不思議。

でわ、早速行きましょうか♪



栄えあるバトル大会二日目、第一回戦「ドキドキ、女だらけの"炎のメセタ拾い"!」←なんだこれ

如何にマップトラップを避けつつメセタを回収するか。

如何に相手の不意を突いてメセタを強奪するか。

ここに、女同士の熾烈な争いが、勃発する・・・!

炎のメセタ拾い

ルナ、フルボッコの予感…!

最後の最後で搾取されました♪

皆さん御強い…!



女同士の戦いに敗れたルナちゃん。ロビーにて――

ミクさん「もう・・・いや・・・(泣)」

――搾取されたと思われる方を発見。ようこそこちら側へ。

カナコさん「アイスさんが勝利」
アイスさん「なんとか勝ちました…」

とても御強かったです♪ 流石ですっ!

ミクさん「こっちは安定のクッキーさん~」
フィオルンさん「クッキーさん強かった」
ナイトメアさん「だろぅなw」

クッキーさん「私は勝利の菓子」

以前も書きましたが、彼の強さは良く知っている私w

類稀なるバトルセンスには、脱帽致します。



ミクさん「次回します~」

さて、続いてのバトルミッションセレクトですね♪

どなたと御一緒するのでしょうか…?

ミクさん「2」「4」「8」「6」
無音ムイさん「2486」


お、これはまた――

無音ムイさん&カナコさん「「偶数か」」

――偶数ですねw

フム。珍しいこともあるものですn――


私「地震…!」

――震源は福島県沖、震度は5弱。

クッキーさん「うわぁぁぁぁ!!」
無音ムイさん「ガタガタ」「ガタガタ」「ガタガタ」

私の住んでいる長野では、あまり揺れは来ませんでしたが…

鑑みる限り、クッキーさん&ムイさんサイドには被害が出ていそうです。

御無事であることを願うばかりです。

本当に、ここ最近地震の発生率が大きく上昇していますね。

色々準備しておいた方がよさそうです。


さて、閑話休題です。

「2846」といいますと――

アイスさん、夜刀神さん、フィオルンさん、私ですね♪

さて、どのミッションになるでしょうか――

ミクさん「大いなるです~」

――えっ

私「(´・ω・`)・・・三回目ぇ」

まさかの流れですw

昨日のバトル大会で、散々私(ルナちゃん)を苦しめて下さったレンジャーキルなミッションが、三度到来なさるとは・・・!

きっと私に何かの試練を与えようと、運勢が傾きつつある気がしますw

ミクさん「タッグメンバー抽選」
「6・8と2・4」


フムフム、となると――

私「アイスさんとですね」

――よろしくお願いしますっ!

早速行きましょう♪



続いてのバトル大会第二回戦、「"大いなる脅威"THE LAST SEASON」←なんだこ(ry

以前にも書きましたが、スヴァさんを倒した人勝ちなミッションですので…

射撃耐性のあるスヴァさんを葬るのに、レンジャールナちゃんでは厳しいものがありますw

ならばっ! 私は援護に回りましょう♪

重要所は全てアイスさん任せという、完全なる他力本願な作戦。スミマセン…っ!

せめて私は、スヴァさんを横取りされないよう注意を払いましょうか♪

大いなる脅威~ザ☆ラストシーズン~

ナイス討伐です♪ ありがとうございますっ!

なんといいましょうか、サポートに回る方が私の性分に合っていそうですw



ロビーに戻る私達。

アイスさん「私と月さんが勝ちました~」
ruka03さん「てことはルナさんとアイスさんが2ですね」
私「ですねw」

先程はアイスさんのおかげで勝ち数を進めることができました♪

皆さんの勝利数を拝見する限り、並びつつありますねw

折角リーチまで届いたのですから、頑張りたいですっ


さて、早速部屋決めです♪

ミクさん「7」「4」「6」「3」
クッキーさん「7463…」


ruka03さん「クキさんルナさんフィオさんに私ですね」

おぉ…。遂にクッキーさんとお手合わせする時が来ましたね。

ミクさん「ナインルーム」
クッキーさん「9部屋w」

さて、チーム分けは如何なるでしょうか?

ミクさん「3・6と7・4」

――となりますと

私「クッキーさんと…!」

最強のお菓子さんと共闘できるとは…!

足手纏いにならないように頑張らなくてはっ

クッキーさん「アカツキアライヴァルを聴きながらバトルを」
「テンション↑↑」


同感ですw

私は、炎のメセタ拾いの時に「恋は戦争」を拝聴しながら戦っていましたねw



さらに続くバトル大会第三回戦、「迷宮の"ナインルームズ"」←なんだ(ry

9部屋です♪

メセタ拾い関係のタッグですね。スイッチの場所を把握しておかないと、閉じ込められちゃいますw

さて、早速行きましょうか――

クッキーさん「勝負も大事だけどさ…」
「全力で楽しもうぜ!!」

私「勿論です♪」

――何事も楽しまなくちゃ損です♪

ナインルームズ

中央のキャリガインさんは、ルナちゃんが責任を持って美味しく頂きました♪

クッキーさんの比類なき強さに改めて驚いていましたw



ロビーにて。

ミクさん「4人ちょうどですね~」

人数も丁度四名。つまり――

ミクさん「決勝は、2回で勝ちです~」

――決勝戦、開幕です。

無音ムイさん「月さんおやつさん悪夢さん私…か」

クッキーさんはもとより、ナイトさんとムイさんの強さも並大抵ではないと理解しています。

昨日の連勝が頭をよぎる私。全力で行かなくては…!


もしタッグ戦の関係で二人2回勝ってしまった場合(タッグ二連続で同じチームの場合のみあり得ます)、優勝を決定する方法は――

ナイトメアさん「デスマだろぅ」
「サシの…な」


そうなりますねw

クッキーさん「サシとはHuのみ[セイバー&盾]のみ回復なしシフタなし自殺なしで1vs1」

まさに、プレイヤーの腕のみの戦いです。

まわりに邪魔をされるものが無く、定められた条件の下で闘う。

騎士道を象徴するような、正真正銘正々堂々のバトル対決です♪

――とはいえ

私「ルナちゃんには厳しいです・・・」

基本Huに有利なのはビス男さんですから、キャス子やニュマ子には厳しいものがありますw


そんな話をしていると――

ミクさん「あ・・・」

…? どうなさったのでしょうか。

ミクさん「電撃・・・」
ナイトメアさん「デスマやw」

噂をすれば何とやら、ですねw

流石に四人でサシもありませんし、乱闘ですねw

無音ムイさん「蒸発してきます」

いえ、私が天に召されるのが先かとw



さてついに始まりましたバトル大会決勝第一回戦、「電撃デスマッチ」

サシなら静かなものですが、乱闘となれば話は別ですw

まさにカオスな空間が形成されますw

さて、ルナちゃんは…無事生き残ることが出来るでしょうか?

電撃デスマッチ

ちょっと前半死に過ぎましたw

前半セイバー&盾の組み合わせでホイホイ攻めてましたが…流石に無理がありましたねw

私の得点…? 運が良かっただけですっ

…最早、スカッド乱舞の電撃は運ですからねw



無音ムイさん「後半の槍が…w」
私「スカッドの嵐でしたw」
クッキーさん「乱戦w」

前半セイバー&盾で攻めていた私ですが・・・後半はスカッド4人によるぶっぱが行われましたw

あの狭い空間に、槍が飛び交う光景は中々カオスでしたw


続いてミクさんより。

ミクさん「ツーライン」

ナイトメアさん「タッグだと」
無音ムイさん「沼子本領発揮!」
私「ん~、レンジャーですね」

次の決勝戦は、ツーラインハンティングですか。

仲間の足手まといにならないように、頑張らねば…!

今回のチームは――

ミクさん「ムイさんとクッキーさん」
無音ムイさん「おやつさん…!」

ミクさん「月さんとナイトさん」
私「ナイトさん…!」

おぉ。ナイトメアさんとタッグですか♪

よろしくお願いしますっ!



続くバトル大会決勝戦第二回戦「ツーラインハンティング」

序盤にいくら敵さんを倒せるか、ですね…!

ルナちゃんはレンジャーですから、射撃耐性を持っている金シノワさんをどうにかしないといけませんが・・・

そこはナイトメアさんと共闘しましょうか♪

本当の勝負は、敵さんを序盤にいくら殲滅できるかで左右されるでしょう…!

足手纏いにならないように頑張らなくては…っ!

ツーラインハンティング

クッキーさんの強さはさることながら、ムイさんのグランツ連魔に多々巻き込まれましたw

ナイトメアさん、ナイスです♪

ありがとうございましたっ!



ロビーに戻り、結果の報告です。

ミクさん「月さんの優勝ですね♪」

…おぉ。私二回勝ったのですか…!

皆さんから賞賛を頂きましたっ♪

ありがとうございますっ!

ミクさん「衰えてはなかったですね~自信持ってください~」

いえいえw 結局今回のバトル大会、タッグの皆さんに救われっぱなしでしたからw

今回は唯一ミクさんとお手合わせ致しませんでしたね…

また機会がありましたら、その時は宜しくお願い致します♪

クッキーさん「次は負けないぞ!」
私「次も頑張りますっ!」

全力で戦いますよっ♪



ミクさん「これで大会は終わりになります~」
「次は何の大会にしますかね~」


これでバトル大会は終了です。

前回が集会周回、今回がバトル大会、という感じできてますね♪

ミクさん「案あります?」

フムフム。どんなのがよろしいでしょうかね…?

クッキーさん「クイズ!」
ナイトメアさん「トリスタ周回!」


様々な案が出てきます。

ふむ・・・。確かに御二つとも良い案であると思います。

私「この流れですと――」

集会周回にバトルと来ましたら、次は


私「チャレになるでしょうか」


ギルドパーティの時、二人組で最速を目指して頑張った記憶があります。

カナコさんと御一緒させて頂きました♪

電子レンジの脅威にさらされながらも頑張った記憶がありますw


ミクさん「"ルームコンテスト"もいいですかね~」


おぉ♪ ルームコンテストですか…♪

未だMOON、新月、ルナルームは変更されていませんねw

しかしふむ成程――

私「ギルドパーティの再来ですね♪」

――"クイズ大会""チャレンジ大会""ルームコンテスト"この三つは年末に行ったギルドパーティを彷彿とさせますw

ミクさん「ギルドパーティは、年末とかじゃないとできないですね~」

まぁ、そうですよね。

日長一日丸々使ってギルド集会ですから、そうそう行える品物ではないでしょう。

ミクさん「夏ですね~やるとしたら~」

夏休み、ですか。

しかし私は…もう・・・

ミクさん「ギルドパーティはどちらにせよ、難しいと考えて下さい~」

了解ですっ ですが――

私「内容を小分けにすれば可能かと」

――一日で行うのではなく、「今日の集会は"チャレンジ大会"」「明日の集会は"クイズ大会"」のように、ギルドパーティの中身を区切って行うのもありかと思います♪


無音ムイさん「ギルパと言われても良く分からない俄私」

それは致し方ありませんよ。

そうですねぇ・・・

以前、ギルドパーティの記録をまとめたので、参考程度にご覧ください♪

夢奏旋歌の宴!!~1日目~
夢奏旋歌の宴!!~2日目~

・・・フム。この時の私の文章と今の文章…随分違いますねw

読んで改めて気づきましたw

どちらも私の書いた文章ですが、重い内容に触れていない分軽く感じますねw

いえ、最近の記事は私の心情に直結していますからね…。

皆さんは、どちらが好みでしょうか?

少し気になった私ですw



来週の集会内容は――また来週の発表ですねw

さて、どのようなことを行うのでしょうか…

非常に楽しみですね♪










集会も終了し、ミクさんが落ちられた後での出来事。

・・・やっぱり、どうしようもなく私はダメなやつですね。

これだけ楽しいことがあって、ふいに思い出したあの出来事に。

その反動からでしょうか・・・

鬱なのはあんなにいけないって言われても、思っても、どうしても私は耐えられない…。

皆さんに迷惑をかけることは重々承知で行う、私の浅はかさに反吐がでます。

私「先日、中学のころの友人と久々に出逢ったのです」
クッキーさん「うん?」

先日、中学から同じ高校に進み、私と仲良くして下さる数少ない友人に、いわゆる「遊び納め」に誘われた私。

その友人たちと遊びに行くのはいいのですが…中学時代の級友たちも誘うとの連絡が。

級友たちと逢うのは中学以来、高校の時には一度もあってません。

なんだか言い知れぬ不安感はあったのですが・・・

私「(ここで立ち止まっちゃダメだろ)」

私は高校に入って変わったんだと、最近ようやく夢を見つけて自分の足で歩き出したんだから。

あの過去を払拭するいいチャンスでもあると思ったのです。

そう思い、出かけた私。3/29のことです。

集合場所に辿り着き、久しぶり、という挨拶を交わす私達。

そのとき、中学の級友から言われた一言に――

「◯◯←私の名前、高校に行ってようやく人として扱ってもらえるようになったんだw」

――中学時代の記憶がフラッシュバックしてきました。

この時、私の中で何かが崩れる音がした気がします。

人間は幸せに身を置くと、いつしかその幸せに慣れてしまう。そういう話を聞いたことがあります。

友人達と過ごす楽しい日々は、私の"本当に忘れたかった"記憶を忘れさせてくれていたんだなぁと痛感しました。

記憶のフラッシュバックとは、マンガやアニメではなく現実で起こり得るものだと、認識しました。

様々な陰鬱な記憶がよみがえってきます。

そっか・・・。私はこんな中学時代だったのか・・・。

私「俺なりに頑張ったんだよw」

顔では笑って、声でも笑って…。内心は、とうに崩れていました。

開始早々のジャブ程度の挨拶でこれですから、これ以降どのようなやりとりがあったのかは…言うまでもないでしょう。

私は…私は・・・っ

どんなに頑張っても…表面だけ取り繕っているだけで、本当の自分は変われない。

私の今までの思いや、変わろうと思って行動したことすら、全て無駄だったと思えてきました。

過去に立ち向かう勇気も、そんなものはなかったのです。

でも、ただ無性に悔しいと、残った心のどこかで思っていました。

そして何より最も悔しかったのが・・・。

私の夢を笑われたことです。

「◯◯が先生? 生徒にナメられて終わりじゃんw」

…いえ、夢を笑われることはまだいいです。現に中学時代はそんな私でしたから。

なにが最も悔しいかというと――

――それに言い返せなかった私の、どうしようもない弱い心です。

中学の私を垣間見、自分自身を見失った私に…言い返すほどの気力も、夢を語る自信もなかったです。

・・・以前クッキーさんオススメ曲の中に



「人の命は平等じゃない」

というボカロ曲がありました。

結局私は、どうあってもこうなんだと痛感します。

以前「私の中学時代は『theory』に近い」と書いた記憶がありますが…訂正します。多分こちらの方が近いでしょう。

"もう思い出したくない"記憶は、しっかり忘れていたという現実に驚愕を隠せません。

戻ってきた記憶は全部ではないとはいえ、それでも、思い出してしまったのです。

うぅ…

・・・ここ数日全く更新を行わなかったのは、この出来事があったからです。

ブログを更新する、自分の気持ちに整理を付けるのは到底無理があると思ったのです。

・・・ミクさんが落ちられた後に御話したのは、正しい判断でした。

こんな鬱な話を展開する、こんなみじめな私を、彼女は嫌いになられるでしょうから。


なぜ気持ちに整理を付けるのは到底無理なはずなのに、ここで纏めているの…? という思いはもっともです。

それは――本日のギルド集会にさかのぼります。

私のブログへの、ありがたい謝辞を頂いている最中

私「いえ・・・その・・・・・・」

言葉に詰まる私。

あの…私は――

たった思い出した過去の記憶一つで、自分を見失う脆弱な存在です。

私は、結局偉そうなことを、夢を語っても、それをいざというとき肯定できない弱い人間です。

変わったつもりでいても、結局何も変わっていない、ただの傲慢な人です。

皆さんの期待にも添えない、理想論だけ立派な屑野郎です。

…それこそ、謝辞を頂けるほど立派な生き方もしていません。

ただ一人、現実と理想のはざまに揺れ、心はただ勝手に擦り切れそうです。

私はやはり、暗い闇の方が性に合っているのでしょうか。

そんな鬱な考えがふと頭の中をよぎります。

ですが・・・

無音ムイさん「携帯からよく書くから長文書けないのよね」
夜刀神さん「自分の写真載ってたらよっしゃ~という感じになる」
カナコさん「ミクさんのブログは興味が湧く感じ?」
クッキーさん「かなり月さんバトル勝ってたな~」
ナイトメアさん「やっぱアメブロとfc2は仕様が違うな・・・」

――賑やかなギルドの風景を眺めて。

私は…

あぁ…やっぱり闇は、一人は嫌だ。痛切にそう感じました。

一度手に入れたら、二度と手放したくないもの。

「絆」や「友情」…「夢」も、どれも棄てていいものではなかった。

それに気づかせて下さったのは、まぎれもなくこのギルドです。

何触らぬ当たり障りのない雑談風景が、いかに私の目に輝いて映ったのか…言うまでもありません。

再び鬱に戻りかけた私が、その風景を目の当たりにして、自分の愚かさに赤面したのは…言うまでもないでしょう。

私「(本当に、このギルドに出逢えてよかった)」

改めてそう思いました。

例え過去の記憶が蘇って鬱になりかけたって、今の私が乗り越えられないわけがないです。

その時に持っていなかったもの、必要としていなかった…最も大切なものを、今は持っていますから。

その思いは、決して零ではない。決して無駄ではない。

痛切にそう感じました。

…やっぱり、鬱はいけませんね。


口下手ですし、何よりコメントもまとめられないままこのことを皆さんに伝えた私。

鬱は伝染することを、私は失念していました。

ムイさん、ギルメンの皆さん、本当にすみませんでしたっ!


まずは、過去に向き合うために、自分の気持ちと正直に向き合ってみようと執筆した次第です。

思い出した陰鬱な記憶がまだほんの一かけらであることは、薄々勘づいています。

きっと根掘り葉掘り思い出せば、また鬱になりかねないと思っています。

ですが、過去から逃げるのはここまでです。

ゆっくり時間をかけて向き合っていきたいと思います。

そうして自分と向き合えないまま、夢を目指すことは…何か間違っていますから。


最後に、私の夢について皆さんにお伝えしました。

誰からも好かれる、なんてかっこいいことが出来るとは到底思いません。

ですが、私が誰をも好くことはできるでしょう。

私は修道士ではありません。まして神でもありませんから、全員を正しい道に導くなんてことはできません。

ですが、かつての恩師のように…進む道をそっと気付かせることはできるでしょう。

"生きている価値が無い"人間なんてこの世にただの一人もいないことを、私が証明しますよ。



執筆終了日の本日は4月3日。

長文を書くのは時間がかかりますね。すみません。

明日は入学式、始業式です。

今日はこれで失礼します。お疲れ様でした
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://moondiary0708.blog.fc2.com/tb.php/169-d2e3aa48

Comment

天音 零花

月さん大いなる脅威ばっかり当たってましたか~
いろいろ、混ざるように配慮したつもりでルールとか考えましたが、すみません...

本題です...私、小学生の時代までは月さんの中学時代と同じだったのかもしれません...毎日が嫌だって考えていたかもって今では思ってます。当時は私は泣き虫で、周囲からいじめられて来ました...そこで、手を差し伸べてくれたのはやはり私の親でしたね...「何もできないのなら一つだけでもいいから、得意分野を作れ」って。そこから、私は算数だけを(理由は忘れました~)頑張っていて気づいたら周りがいじめられるどころかやさしく話してきたんですw

私はそこから、「人には良い点は必ずある」ということを知りました...つまり、他の人はその人の魅力を気づいていないっていうのが、他人からいじめられたり、罵倒されているという原因があると思うんです(Mとか一部例外ありますよw)価値観が違うとか興味ないとかもその一部ですよね♪

月さんにも魅力はあると思いますよ~集会やブログでしか判断できませんが、他人を元気付ける文章を書ける魅力、おやつさんやナイトさんで熱すぎてしまう集会の清涼剤?みたいな魅力。
あなたとの出会いが少ない私ですら魅力を知っているじゃないですか~私が鬱は書かないでって言った理由です~

なんで魅力があるのに月さんは自分の殻に閉じこもっているのですか?「逃げている」なんて「魅力がない」なんて思っているのは自分で探す気がないからです!

人には絶対魅力があります!「人の命は平等じゃない」と考えるのは自分の魅力が自分で見つかってないからじゃないですか?自分で見つからないのなら他人が見つけにくいのは当たり前ですよね?

「鬱なこと」でいいたいことをいいました...
長文失礼しました~
  • URL
  • 2012/04/04 01:22

アイス

こちらこそ月さんのフォローが無かったらビリ確定でしたよ~

本題に入りますが…正直に言いますと…だから何ですか?
月さんには月さんなりの魅力があります!
夢が笑われようがその夢が馬鹿にされようが関係無いんです!
その夢を諦め無ければ良いんです!
級友に無理だからと言われてその夢を諦めるですか?違いますよね?だったら月さんは何故今の今まで勉強していたんですか?先生になる為にずっと今まで必死に勉強していたんですよね?それなのに級友に「◯◯が先生? 生徒にナメられて終わりじゃんw」って言われただけで諦めるですか?違いますよね?月さんはただその級友を使って自分の夢に言い訳をして自分の夢に逃げてるだけです!

私も級友に声優になりたいと言ったら「お前が~声優?止めとけ無理だからw」と言われましたそれでも私は声優になるもん!と言い続けました…そしたらその級友は最後帰り際に「頑張れよ~声優~お前なら出来るよ~」と言ってくれました…その時、その級友が何を思って言ったのか分からないですけど・・・
ただ…言い続けて頑張ったらきっと誰が認めてくれると私は思っています。
別に言い返す必要なんてありません…
一人で傷つくより私は月さんがその夢を諦める事の方が悲しいです・・・
ですから決してその夢を諦めないで下さいね☆
私は応援しています~
最後にボカロとは関係無い曲ですが(荒野のヒース)と言う曲があります時間が合ったら聞いて下さいね♪
これで失礼します~
長文失礼しました~
  • URL
  • 2012/04/04 15:23

桜雲満月

サイコロツールですから、完全に運ですし…
大いなる脅威は致し方ありませんよw

以前リアフレが馬鹿にされているのを聞いて「どんな人にも長所はある」って啖呵切った私自身がこれですから、本当に情けない限りです・・・
とはいえ・・・私に利点はないと思っていました。
過去があり、未だにそれを拭えない私に。
たった受けた一言で、夢に陰りが出るような…
何よりその一言を言い返せず、皆さんの前で「中学の私と今の私は違う」と断言しておきながら…
結局変わらず、変われず、皆さんを欺いたこと。私自身の不甲斐なさが大嫌いでした。
そんな私に利点があるはずもないと…決めつけていました。

私は、皆さんの強さに、優しさに甘えていたんだと…痛切に感じました。
本当にすみませんでしたっ!

まずは…自分自身をしっかり見たいと思います。
思えば、私には"私"自身が無いことに気づきました。
・・・当然かもしれません。
中学後半から、このギルドに入るまでは…ずっと周囲とは上辺だけの付き合いでしたから。
自分自身を見失うのも仕方ないかも知れません。

他の人から、私の魅力をはっきり伝えられたのは…正直、このギルドの方々が初めてです。
私に長所があるかどうか・・・いえ、見つけてみます。
本当に…貴方と出逢えて、夢奏旋歌と出逢えて本当に良かったです。
ありがとうございましたっ!

長文失礼しました。
  • URL
  • 2012/04/08 14:01

桜雲満月

アイスさんの御強さは私が保証しますっ((←上から目線は許してください
自信を持ってくださいっ♪

本題です。
私は…過去や他人を言い訳にして、逃げているだけ・・・。
確かにそうかもしれませんね。
過去からも、自分からも、夢からも逃げて…正直に向き合おうとしなかった。
結局のところ、自分自身でその問題を…

・・・すみません。涙が…。
…私は、夢を思う気持ちが、貫き通したいという意思が弱かったのですね。
ただの口八丁の台詞ではなく、本心からやり遂げたいという思いが…弱かったのですね。

…馬鹿だな。私。
あれだけ本気で頑張る、と言っておきながら結局は本気になれていなかった。
心のどこかで、悩んでいたのかもしれません。

私…自分のダメさを指摘されたのも、ここまで励まされたのも、初めてです。
心情は、ただ温かくて切なくて…このような気持ちは今まで感じたことがないです。
言葉に表せない私を許してください・・・
・・・こんなに温かい気持ちで泣いたのは初めてです。溢れる涙が止まらないです。

「荒野のヒース」拝聴しました。
さらに涙が止まらなくなりました。本当に…ここまで泣いたのは何年振りでしょう・・・。
貴方のお気持ちは確かに頂きましたっ
ありがとうございましたっ!

和歌の返し句ではありませんが…「空色デイズ」という曲があります。時間がありましたら、是非御聞き下さい♪

私は、もう夢から逃げないです! 絶対に諦めません! もう迷いません!
応援して下さる方の為にも! 私の為にも!

私は…いえ、私も、アイスさんの夢を、全力で応援しますっ!

長文失礼しました。
  • URL
  • 2012/04/08 15:43

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

桜雲満月

Author:桜雲満月
こんにちは。月です。
漸く大学生、弓道人な私のつれづれ日記です。
当ブログはリンクフリーです。
リンクしていただいた場合、コメント等で連絡下さい。心の底から喜びます♪

現在、環境に適応中です。
不定期更新になりますが、ご容赦くださいっ

月の一言

―information―

無事大学に合格できました!
本当に良かったです!
皆様ありがとうございました!

最新トラックバック

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

私への連絡に、
お気軽にお使いください♪

Twitter on FC2

検索フォーム

「月のつれづれ日記」バナー

「月のつれづれ日記」バナー
「月のつれづれ日記」のバナーです。
リンクを張るときなどに使用して頂けると嬉しいです♪

FC2ブログランキング

PSP2ブログランキング

PSP2・攻略ブログ

メンバー紹介

MOON
MOON
種族:ヒューマン
性別:男性
リトルウィングの社員宿舎を勝手に改造し、カフェを作り上げた張本人。
真面目だが、どこか抜けている所があると周囲からよく言われる。
「月」を愛する男。
また、ギルド「夢奏旋歌」に所属。

新月
新月
種族:ニューマン
性別:女性
MOON'sカフェメンバー第一号。
頑張り屋だけど、行動が伴わない。
よく転んだり、お皿を割っちゃったり…
天然ドジっ子ってやつみたいです☆
最近「チャレンジミッション」にはまったらしい。

ルナ
ルナ
種族:キャスト
性別:女性
MOON'sカフェメンバー第二号。
ふわふわした容姿だけど、有事の際にはどこからか「ドレットノート」を取り出し襲い掛かってくる。
最近 新月 よりも目立ってきているような気が…
「バトルミッション」に出没することが多い。


インフラで我々を見かけたときは、是非仲良くしてやって下さい♪

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。